ホームページ制作・リニューアル

ホームページはただ新しくするだけでは成果は出にくいものです。ビジネスの目標を持ち、それを達成させるための手段と位置づけ、継続的に運用できる体制も一緒に作ってしまうことが肝心です。

成果を出すためにはホームページ制作だけにこだわりません


イラスト:パソコンに向かってホームページを作成している坂本のイメージ

お客さまの会社やお店の未来を一緒に考えていきたいと思っています。
ホームページでいったい何がしたいのか、どのような結果が出れば成功と言えるかについて、しっかりと説明する時間を取るようにしています。

ホームページを制作する目的は、「集客したい」「問い合わせを増やしたい」「利益を上げたい」のような数字で見えるものもあれば、求人ページによって応募者の質を上げたり、社員が喜んで紹介できるホームページを作ることで士気や意識を高めたりと、数字に出ないような目的もあります。

こういった複数の目的を達成させるためには、ホームページだけでは不十分なことが多く、ツイッターやInstagram、FacebookのようなSNSサービスをあわせて使うことが欠かせなくなっています。
目的に合わせたホームページとSNSを組み合わせて使うことで、成功率が高くなります。

目的によってホームページの規模やおすすめするSNSは変わります。フォルトゥナでは最適な提案をすることを優先していますので、すべてセミオーダーメイド、あるいはオーダーメイドでプロジェクトを進めていくため、明確な料金表を出すことができないことをご理解ください。

もちろん予算も人員も企業や店舗によって違うことも理解していますので、まずは大まかな予算と制作・リニューアルの目的をお伝えいただければ、その範囲内で効果が見込めるよう提案をさせていただきます。

まったく予算が検討もつかないという場合には、後述のスポットコンサルティングをご利用ください。
ホームページをどのように使うのかという方針を明確にしてから制作いたします。

何もわからないまま「作りたい」を優先すると、費用対効果に見合わないホームページになってしまうことが多いのです。

必要のないものを無理強いすることはありません

お客さまから「こんなことがしたい」「あんな機能がほしい」というご希望をいただいても、そのホームページには不要と判断した内容については、遠慮せずに不要であると申し上げることにしています。

お客さまのビジネスが成功するためには何が必要で何を作るべきかを、ホームページ制作の専門家として判断することが、もっとも大事な努めだと考えています。

読みやすさ、見やすさにこだわり続けています

代表の坂本邦夫は、2004年に情報サイト「基礎からわかるホームページの配色」を公開してから、ウェブ配色のスペシャリストとして、ホームページのデザイン・配色の傾向や使い勝手を調査・研究してきました。
現在まで配色に関する単著4冊(マイナビブックス・技術評論社・ボーンデジタル)をはじめ、共著や雑誌への寄稿なども行っており、全国各地のセミナー・勉強会などで講演してきました。

この配色に関するノウハウは、もちろん皆さまのホームページ制作でも活かされます。
単に流行りの色や好みの色で決めてしまうのではなく、ホームページの内容をきちんと伝えられる色、訪問者が迷ったり勘違いしない色を選ぶことに関してはお任せください。

更新しやすく長く使えることが、成果につながる

ホームページの内容による部分もありますが、日々大きく変動するウェブの世界の中では、ホームページは常に改善していくべきものです。
ページを見る環境や機器もどんどん変わっていくため、ユーザー(ページへの訪問者)が使いやすいように、そして訪問した目的を果たすために改善していく必要があるのです。

日々の細かな更新や改善が欠かせないホームページを運営するにあたっては、担当者一人に依存してしまうようなシステムやホームページには問題が出てくる場合があります。

例えば担当者がたまたま病気で休んだり、部署が変わったり退職したことで、更新が止まってしまったりします。 場合によっては誰も更新できないために放置されてしまい、ずっと古い情報が残り続けます。

なんとか古い情報をあらためるために、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を始めたとしても、ユーザーはどちらが正しい情報かわからないので、利用をやめてしまうことにもなりかねません。

ホームページは情報発信のための中核として、最大限に活かすためには、いつでも誰かが更新できるように作っておくことが重要なのです。

そのためには、誰がどのように更新するか、もしその人がいなかった場合には、誰が担当するのかなどの運用体制をきちんと考えておく必要があります。

ホームページ制作会社はホームページを作ることに関してはプロかもしれませんが、お客さまの業界についてのエキスパートではありません。
ですから、お客さまのホームページはできるだけご自身で更新していただくのが理想です。

そのような継続的な運用のノウハウは社内で蓄積していただけるよう、システムを構築・提供することがフォルトゥナの大事な役割の一つです。

中身を先に考え、それに合わせたデザインをします

ホームページへの訪問は様々なルートがありますが、検索結果やFacebook・TwitterなどのSNSにはホームページのデザインそのものは出てきません。訪問してもらうためには、見た目のデザインよりもまず内容をきちんと作り上げることが重要です。

その上で、訪問者を帰さず、きちんと中身を理解してもらうための見た目が重要になってきます。

フォルトゥナでは、SNS経由での流入なども考え、可能な限りレスポンシブウェブデザイン(画面幅によって見た目が変わるデザイン)を採用しています。

固定幅でデザインした場合、実際に作られたものと全然違うと感じることもあるため、打ち合わせによって決まった内容を、出来るだけ画面上のホームページに反映させ、実際の画面で確認してもらう方法を取っています。

内容重視を実現させるために、紙に印刷してデザインを提出は避けるようにし、実際に仮サイトを作りながら確認するという過程が重要になっています。
これによって見た目のデザインへのこだわりを減らすことができ、お客さま・製作者ともにもっとも大切な「内容」の制作に集中しやすくなります。

言い換えれば、内容が決まっていない状態で見た目だけを整えるということもしません。

ホームページとあわせて使いたいSNSも提案します


Facebook、TwitterなどのSNSアイコン

最近のウェブ集客では、Googleのような検索エンジンからだけでなく、SNSからの訪問・流入も考える必要があります。
ホームページだけではできないことをSNSを使うことで補っていくのです。

しかし、複数のサービスを併用することは、更新や運用の負担が増えるということにもなります。
SNSは種類も数も非常に多く、そのすべてを利用するのは時間・人員の面でほぼ無理と言ってもいいでしょう。

また会社・店舗の扱う商品やサービスによっては、合うものと合わないものがあります。 会社やお店の規模、運用にどのくらいの時間を割けるのかなどを総合的に判断して、SNSを利用した集客についてもあわせて提案いたします。


ホームページ制作・リニューアルの料金の目安


先ほども書いたように、お客様によって提案する内容がほとんど変わってきますので、あくまで参考程度になりますが、以下のようなパターンに分けることができます。

新規作成・リニューアルに掛かる制作費用(一例)

1日でウェブの世界にデビュー! スタートプランとりあえず急ぎでホームページが必要で、簡単なものでよいからほしいという場合10万円〜
5ページ程度の簡易的なホームページ基本的な仕様の企業・店舗のホームページをセミオーダーデザインで作成する場合30万円~
20~30ページ程度の標準的なホームページ一般的な企業・店舗のホームページのリニューアル50万円~
1ページで完結するランディングページオリジナルデザインのランディングページを作成します15万円~
時間制のコンサルティング5,000円/30分(交通費別)

上記は一例で、作業の分担や写真素材の有無、原稿の有無などによって、大きく変わってきます。

既にホームページをお持ちの場合には、全面リニューアルは必要なく、一部改修の方がよい場合もあります。
まずは大まかな予算と目的をお伝えいただければ、その範囲で最大限に効果が出る方法を考えます。

もし予算がまったく検討がつかない、何からはじめてよいかわからない、ホームページの目的と言われてもピンとこないという場合には、1日でウェブの世界にデビュー! スタートプランという10万円~のプランをおすすめします。

あるいは時間制のコンサルティングを利用して、現在の状況を整理することから始めていただくことをおすすめします。

公開後の保守管理費

納品後の保守・管理については、月5,000円〜(月1回メール・電話質問可・サーバー費含まず)で承っております。
普段の管理は自社で行うという場合のサポートには、その都度請求させていただきます。

月々の管理が必要かどうかは、内容によって変わります。詳しい金額はお見積もり時にご相談ください。

よくある質問もぜひご覧ください

ホームページ制作に関していただく質問を「よくある質問」にまとめています。
質問に関連する内容のブログ記事へのリンクも記載していますので、ぜひご覧ください。


このページも読まれています