本音で話す大阪のホームページ制作・コンサルティング

画像:代表・坂本邦夫のイラスト

フォルトゥナでは、ホームページ(ウェブサイト)に関するこんな業務を得意としています

  1. 今抱えている問題を解決し、見える成果を出す
  2. 数字で見えるもの以外を解決する力を与える
  3. お客さまと一緒に考えた会社の未来を表現する
  4. 見やすく、使いやすく、印象に残るようにする

でも、ちょっと待ってください。本当に新しいホームページを作らなければなりませんか?

「今時ホームページを持っていないとやばい」のような脅し文句や「どこも持っているからうちも」のように周りの勢いに流されたろしていませんか? あるいは「なんとなく成果がでないからリニューアル」などと考えておられませんか?

本当に大事なのは、ホームページがどのような役割を果たし、必要かどうかをきちんと判断することです。それから制作しても遅くはありませんし、別の解決法があるかもしれません。

お手伝いできること

このようなご依頼をいただいています(一例)

更新が難しいのでなんとかしたい

より簡単で見やすい画面のシステムにリニューアル。担当者が部署の異動などで変わってしまうことを考慮し、現在の担当者のスキルに頼らず、誰が扱っても同じように更新できるように配慮しました。

活用や更新と言われても時間がない

定期的に会社を訪問し、新しい活動や課題からページの更新内容を提案や作業代行を行っています。また新しいサービスが出てきた場合、お客様に合ったものを紹介し、利用(運用代行もします)してもらうことで、ビジネスを支援しています。

会社のことを世間に知ってもらいたい

会社の強みがあるのに、うまく伝えられていなかったため、強みを全面に押し出したブランディングを支援。名刺などもそのイメージに合わせて変更し、インターネット以外の面でビジネスの展開を支援。新しい分野の業務に進出・インターネット以外での知名度向上にも貢献しました。

CMSを導入して自分で更新をしたい

ご予算やスキル・内容によって、いくつかのCMSをご提案しています。更新の目的は成果を出すことですが、作業である入力作業に手間が掛からないよう、使い勝手のよいものを構築することを大切にしていまう。

他にも様々な依頼をいただきますが、ご予算やスキル・リソースに合わせて、最適な提案ができるように全力を尽くします。ウェブを上手く活用できていない、どこに相談すれば解決するかわからないと感じたら、ご相談ください。

フォルトゥナでお手伝いできることはこちら

ウェブを活用するために欠かせないこと

ホームページやSNSの運用で最低限これだけはやらなければならないということが1つだけあります。

それは正しい情報を掲載し続けるという覚悟です。営業時間や商品やサービスが変わったときにすぐに正確な情報に変えなければなりません。

これができずに放置されていた場合、「来店したがお店が開いていなかった」「ほしい商品があって問い合わせたが既に売っていなかった」となり、そのホームページは信用できないとなってしまいます。場合によっては、それを口コミサービスやツイッターなどのSNSに書かれてしまうでしょう。

ホームページを持って運用することにはデメリットもあります。メリットよりデメリットが多ければ、「ない方がまし」ということもあるのです。

ウェブを活用していくのであれば、自身で更新するなら時間が、外部に依頼するならお金が必要ですが、外注する場合でも何をどのように依頼するかは社内で考えなければなりません。

「できあがった後に何もしなければ、マイナスになることもあり得る」ので、常に誰かに見られているという意識を持って活用していくことが大事です。


ブログの最新記事